ウーマン

綺麗な肌には理由がある

女性

医師の治療を支える物

現在の技術で確立されているいぼ治療方法は、どれも綺麗な術痕になるため、アフターケアやダウンタイムの存在から治療方法を選択するべきです。体の負荷に緩やかな対応を求める場合は、液体窒素による冷凍治療の受診を積極的に考えてください。冷凍治療のアフターケアは患部の状態によって半年近くの時間を掛ける事も多く、綺麗な肌への変化を徐々に体験できます。この様に長期的な治療になるので、受診の際には担当医と自分のスケジュールが合うかどうかを確認し、確実にアフターケアを受診できるようにしましょう。また冷凍治療の場合は健康保険が適用された状態での費用になるので、保険診療に対応している機関で受診してください。さて次にレーザー機器によるいぼ治療ですが、この場合は使用するレーザー機器によってアフターケアやダウンタイムが増減する特徴を留意してください。一番安定してダウンタイムが短い施術は光による治療法で、次の日からシャワーを含めた入浴や化粧ができます。ただし化粧をする場合は、医師がアフターケアで術痕に張り付ける特殊なテープの上からのみになるので、誤ってテープを剥がさないようにしてください。しかしこの点を注意すれば、術後の通院も短ければ1週間前後で済むので、医師に患部の状態を確認して判断を下してもらいましょう。また光を使ったレーザー機器の場合、施術時間も5分から10分と非常に短く、いぼの数が多くても状況次第では30分以内に全て除去する事が可能です。注意点としてはこの様な高い治療効果と同時に、プラン費用の推移も治療効果と比例した動きになっているので、予算計画を立てた上で受診してください。加えて術痕自体はすぐに目立たなくなりますが、皮下組織の完治に時間を掛ける必要があるため、医師の判断を待ってください。そしてもう一点注意事項として、レーザー治療は原則的に局所麻酔を使用するため、痛覚が敏感だと麻酔が切れた後にしびれる感覚を体感する可能性があります。なのでその場合は医師に痛み止めや軟膏を処方してもらい、快適な術後生活を送れるように対応してください。それか痛覚の過敏性が強い場合は、炭酸ガスレーザーの使用が検討候補として選択できます。この場合はレーザーの仕組みから皮膚の治療といぼの切除を同時に行うため、痛みを可能な範囲で無くす事ができます。ただしいぼの種類が老人性いぼと診断された時は、光のレーザー機器が最も効果のある治療方法なので、可能な限り光のレーザー治療の受診をお勧めします。