ウーマン

気になるできもの対策

先生

きれいに消せる美容外科

体にいぼができている場合には皮膚科に言って治療してもらうといいのですが、顔などにできている場合は美容整形外科を利用することをお勧めします。もちろん皮膚科クリニックでも液体窒素を使って適切な治療を受けることはできますが、より傷跡を目立たなくするには美容整形外科のほうがいいのです。体にできた出っ張ったいぼの場合は皮膚科で、はさみで切ってもらえますが、顔にできる皮膚と一体化したいぼをきれいに消すにはそういった方法では行えません。その場合には皮膚科の医師にいい美容整形外科を紹介してもらえるので、その紹介された病院を利用してきれいにいぼを消しましょう。ここで知っておくべき情報として、いきなり美容整形外科を検索してそこに予約を入れるのはやめたほうがいいという点にあります。知り合いなどに紹介してもらって信頼できるなどの理由があるならばいいのですが、ネットで評判がいいからといって気軽に信用するべきではありません。高価な治療方法をやたらと進めてくるところも数多く存在し、保険が適用されない炭酸ガスレーザーなどを使って余計なコストをかける施術をされることになります。そうならないためにまずは皮膚科を受診して、そこで手に負えないと判断されてから美容整形外科を紹介してもらうようにすれば安心して除去手術を受けることが可能です。皮膚科でもそのいぼの状態によっては液体窒素でポロリと除去することができる場合があるので、安易に美容整形外科のほうがいいと判断してはいけません。治療という観点で言えば皮膚科は確実なので、ウイルス性で感染する可能性のあるいぼはそのまま皮膚科で長期的な治療を受けるべきといえるのです。いぼの除去というのは基本的には二つの方法が存在し、医療用のはさみやメスでえぐり取る、あるいは該当箇所の細胞を破壊します。最近は鍼灸を使って気長にいぼを除去する治療も存在していますが、その場合はどこにあったのかわからないほどきれいに消すことが可能です。症状によって適切な治療方法は変わってくるので、適当に治療方法を決定したりせずにカウンセリングを受けながら納得できるものを選びましょう。保険が適用されるかされないかでもかかるコストは大きく変わってくるので、炭酸ガスレーザーなどの高価な施術はよく考えて受けるようにするべきです。ただ安さ優先で考えると皮膚科で治療するのが一番という結論になってしまうので、傷跡を目立たなくすることをしっかり考えて自分に合った治療法を選びましょう。